空気環境診断

空気環境を「見える化」して
改善策をご提案

弊社担当者がご訪問させていただき、施設内に専用の計測器を設置。計測したデータから、空気環境を「見える化」して、施設に合わせた様々な改善策をご提案いたします。

付着菌の「見える化」/温度・湿度・CO2濃度の「見える化」/気流の「見える化」

病院での空気環境診断

病室の温度ムラの改善や、
院内に発生したカビの原因を究明

病室で患者様が感じている温度の不快感や、院内に発生したカビの発生原因を調査し改善を行いました。

気流の解析により、
温度ムラを「見える化」

弊社担当者がご訪問させていただき、病室内に専用の計測器を設置。計測したデータから「流体解析」という高度な技術を用いて、病室内の温度分布や気流分布をシミュレーションしました。その結果、患者様が感じているご不満を具体的に把握できました。

ベッド付近に設置された計測器
解析例
温度分布(暖房時)ベッド付近22℃程度 上下温度ムラあり

室内空気質(IAQ)チェックで
カビの種類を特定

病室内の浮遊菌や空調機に付着した菌を採取し、室内空気質(IAQ)の検査を行いました。
※ IAQ:Indoor air quality(室内空気質)

天井面にカビが発生!
付着菌検査結果の例(検査機関:株式会社ファインテック)分かりやすい解説書と合わせて確認します

教育施設での空気環境診断

CO₂濃度や室内温湿度を「見える化」して
学習環境の改善をご提案

教室内に専用の計測器を設置し、温度分布や気流分布を「見える化」。
更に計測したデータからCO₂濃度と室内温湿度の関係性を調査し、
学習に適した環境か診断を行いました。

教室内に計測機を設置
解析例
温度分布(冷房時)
CO2濃度計測データ

快適な学習環境とは

教室内の温度、換気、照度、騒音については、下表を満足することが望ましいとされています。

基準項目 内容
教室の温度 夏期 ・・・ 30℃以下が望ましい(25〜28℃が最も望ましい)
冬期 ・・・ 10℃以上が望ましい(18〜20℃が最も望ましい)
教室の湿度 相対湿度30〜80%が望ましい
二酸化炭素濃度 1,500ppm(0.15%)以下が望ましい
気流 人工換気の場合、0.5m/s以下が望ましい
換気回数 40人在室、容積180㎥の場合、
幼稚園・小学校 ・・・ 2.2回/時以上
中学校     ・・・ 3.2回/時以上
高等学校    ・・・ 4.4回/時以上
を基準とする
教室の照度 下限値を300ルクスとし、500ルクス以上が望ましい
教室の騒音レベル 窓を閉じているとき 等価騒音レベルで50デシベル以下が望ましい
窓を開けているとき 等価騒音レベルで55デシベル以下が望ましい
※文部科学省「学校環境衛生基準」より抜粋
学校の換気基準 CO2濃度、温度環境が悪くなると・・・

事務室での空気環境診断

室内の温湿度データから熱中症危険度を検証
就業環境の最適化で生産性向上に貢献

事務室内に専用の計測器を設置し、温度分布や気流分布を「見える化」。さらに計測した温湿度データから熱中症危険度や快適度を調査し、生産性向上につながる作業環境の最適化をご提案しました。

事務室内に計測器を設置
解析例
温度分布(冷房時)
温湿度計測データ

熱中症予防のための指標:WBGT

熱中症予防のための指標として活用されているのがWBGTで、暑さが身体に与えるストレスを示したものです。気温と同じ単位(℃)で表示され室内の場合は、温度と湿度から算出することができます。WBGTの温度によって、その危険度を「危険」「厳重警戒」「警戒」「注意」の4段階で表示しています。

日常生活における熱中症予防指針
系統別WBGT時報データ

空気環境の改善はダイキンエアテクノにご相談ください

空気診断により環境に適した改善策をサポートします!

お問い合わせ
CONTACT

電話でのお問い合わせ
受付時間:平日9:00〜17:30
ダイキンエアテクノ株式会社 フリーダイヤル 0120-63-1191