空気コンサル お客様事例

新型コロナウイルス対策をサポート!

室内の気流を診断し給気・排気の流れに着目することでさらに最適な換気を実現

お客様事例001

心療内科クリニック

建物用途
  • 医院
空調設備
  • パッケージエアコン
  • 全熱交換器

ご要望患者様に安心して
ご利用いただきたい

新型コロナウイルス対策として診察室の換気状況や
空気の流れを把握し室内環境を改善したい心療内科クリニック様。
ダイキンエアテクノによる「空気環境診断」を実施しました。

診断結果給気がぶつかり室内気流の乱れが見られる

空気環境診断の結果、CO₂濃度は適正範囲内で換気量に問題は無く、空調運転時においても、温度ムラは少なく快適性の高さがわかりました。
ただ、2台ある全熱交換器の設置箇所が適切でないため、運転時においては給気がぶつかり、室内気流が乱れることで、換気効率が低下していることも判明しました。

診断内容

計測データ分析

計測器を設置し、温度・湿度・CO₂濃度を計測し分析。

温度分布シミュレーション

室内温度分布をシミュレーションし快適性を評価、検証。

気流可視化

空調や換気の気流を可視化し改善対策の効果を検証。

解決策空調機更新と全熱交換器の
給排気口入れ替えで空気環境を改善

室内気流を可視化することで、お客様の抱える課題を抽出。
給排気口を入れ替えることで、室内気流の乱れを改善しました。
「患者様に安心してご利用いただきたい」というお客様の想いに貢献しました。

お客様の声

今までの疑問が解決しました
職業柄、実証性をことのほか重視するので、気流その他のキチンとしたモニタリングを踏まえての設備は、非常に説得力があって、安心感があります。
空気環境が(前と)違う
設置後の診察室は格段に環境がよくなり、とても快適で、たいへん満足しています。